スタッフブログ

塗料の種類について

こんにちはねこ_m

プロタイムズ天白店です。

今日は塗料の種類についてお話したいと思います。

 

「塗料はどれも同じ」そう思われている方も多いと思いますが、実は塗料はどれも同じではありません手だよ。閃き_m

まず耐久性が違います。塗料によって10年も違うこともあります。

性能も違います。どんな性能が備わっているかは塗料によって異なります。遮熱性・防水性・防汚性・防カビ性など様々なものがあります。

ではどの塗料を選べばいいのでしょうはてな_m

 

「あれこれ比較・検討するのは面倒・・・」「一番スタンダートな塗料で十分」という方は、シリコン塗料を選ぶのがオススメです。

シリコン塗料は、建築塗料市場において80%のシェアを占める人気塗料。そのため特にこだわりがないという方は、シリコン塗料を選んでおけば、まず間違いありません。

 

■塗料の『耐久年数&相場価格』から考えると失敗しない

 

どのような観点で塗料を選べばいいかわからないという方は、耐久年数&相場価格から考えると失敗ありません。

塗料は樹脂の違いによって、耐久性が異なります。耐久年数は下記の表を参照してください。

 

塗料


耐久年数


相場価格※1缶あたり


アクリル 約3~5年 5,000~15,000円
ウレタン 約5~7年 5,000~20,000円
シリコン 約7~10年 15,000~40,000円
ピュアアクリル 約15年 50,000~70,000円
フッ素 約15年 40,000~100,000円
無機 約15年 50,000~120,000円
光触媒 約15年 50,000~100,000円

 

一見するとアクリルやウレタンがお得に見えますが、実は必ずしもそうとは限りません。なぜなら1回の塗替え時にかかる塗料代は抑えられるものの、耐久年数が短いために、塗替え頻度が多くなり、都度、工事代がかかることまで考えれば、かえって費用がかさんでしまう可能性も十分に考えられるからです。

 

塗料代の費用を抑える際には、耐久年数を、塗替え年数まで含めて考えるのが塗替え費用を安く抑えるコツです313619

 

■『遮熱性』や『防水性』などの性能にも考慮すべし

 

塗料を選ぶ際、できれば考慮しておきたいのが、塗料の性能。

塗料の性能には、遮熱性や防水性、防御性、防カビ性などがあります。

建物を阻む一番の要因は雨水雨雲_mです。そのため、どんな性能の塗料を選べばいいかわからないという場合は、防水性のある塗料を選ぶのがオススメです。

塗料が持ち合わせている機能は一つとは限りません。たとえば「遮熱性・防水性・防汚性に優れた塗料」など複数の性能を兼ね備えた塗料も沢山あります。

 

 ■業者の良し悪しが塗装品質に大きく影響する

 

どんなにこだわって塗料を選んでも、工事品質に問題があれば、残念ながら納得の仕上がりとはなりません悩む_m2

塗料は、工事をしてはじめて意味がある製品となります。そして、塗料の性能を十分に活かす塗装工事するためには、それなりの知識や経験が必要になります。

そのため、塗料選びと同じくらい、もしかするとそれ以上に業者選びは重要です。

 

プロタイムズ天白店では、高い技術と豊富な経験を持った職人がいますので、塗料の持つ性能を存分に発揮させる事ができます。

 

どんな小さなことでも大丈夫ですオッケー_m

疑問に思った事があれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらメール_m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県で外壁塗装をする時に知っておきたい知識

こんにちは。プロタイムズ天白店です。

ブログをご覧頂きありがとうございますありがとう_m

 

外壁塗装は気候条件に影響を受けます。

たとえば寒冷地 冬だよ。雪だるま_mでは、凍結の冬場は塗装ができないことがあったり、気温が高い夏場夏の絵文字_mは塗料の乾燥時間が短くなることもあります。また気候が変われば住宅に現れる劣化症状も違い、同じ日本でも太平洋側と日本海側、北と南では気候がかなり異なるため、その地域によって外壁塗装の最適な方法や時期は違うのです。

 

愛知県の気候愛知県_m

ほぼ全域が太平洋気候に属している愛知県は、四季の変化がはっきりとしているのが特徴です。夏場は平均湿度が70%を越える蒸し暑い日が多い一方で、冬場は「伊吹おろし」と呼ばれる季節風の影響で豪雪に見舞われることもあります。「愛知県の気候に慣れれば、日本のどこでも暮らしていける」と言われることもあることが示すように、愛知県の気候は日本列島の縮図だと言えるのです。

 

愛知県の住宅によくある劣化症状

真夏の残暑と厳しい冬を併せ持つ愛知の住宅には、どのような症状が見られるのでしょうか。

■チョーキング

■ひび割れ

■シーリング部分の劣化

■雨だれによる汚染

■コケ・藻の発生

詳しい症状はこちらをご覧ください

 

塗装工事に最適な時期は?

愛知県で塗装をする場合は、最適な時期はいつなのでしょうか?

基本的には、年間を通して塗装を行うことは可能です。しかし「湿度が85%以上の時(雨の日)」「気温が5℃以下の時」は塗装を行えない気候条件とされています。そのため、気候が安定してい過ごしやすい春や秋が全国的にも塗装に適した季節だと言われています。

 

愛知県で外壁塗装する際に参考にしたいポイント

 

遮熱塗料で蒸し暑い夏を対策天気だよ。晴れ_m

非常に蒸し暑い愛知の夏。家の中に熱がこもってしまい外よりも暑く感じてしまうばかりか、強い紫外線にさらされ続けることで塗装表面の劣化も早まってしまいます。

そんな夏の暑さを対策するためにお勧めなのが「遮熱塗料」です。遮熱塗料とは、太陽熱を効果的に反射する機能を持つ塗料で、屋根や外壁に塗れば表面温度の上昇を抑えることができ、その結果室内温度の低減が期待できます。

 

降水量が多い地域には防水塗料がおすすめ雨雲_m

愛知県は太平洋側に属しているため、冬季の雪による降水は比較的少なく、一方で6~9月などの暖かい時期には雨が増える傾向があります。特に東三河エリアは名古屋方面に比べても年間の降水量が多く、住まいが雨水にさらされることも増えてしまいます。そこで防水塗料を塗ることで雨水が建物内部に入ってこないような対策をとることをお勧めします。

 

汚れやすい立地には低汚染塗料を車・くるま・クルマ・自動車_m

名古屋を始めとする都市部や大通りに面した立地にある家は、自動車の排気ガスなどの影響を受け通常よりも汚れがつきやすくなってしまいます。せっかく塗装しても数年で外壁が汚れてきてしまったなどの事態を防ぎたい方には、汚れがつきにくい「低汚染塗料」をお勧めします。

 

愛知県はリフォーム会社の激戦区です。会社数は全国4位です。

たくさんありすぎて、どこに依頼すれば最適なのか判断がつきにくいと思います。

塗装工事で失敗する事がないように、かならず複数の業者で見積りをとりましょう。

見積りを見る際のポイントも合わせて読んで参考になさってください。

見積りを見る際のポイント1

見積りを見る際のポイント2

 

 

 

 

 

9/24(日)塗替えセミナー開催致します

あなたのお家の屋根・外壁のお悩み解決します漢字だよ。悩む_m

愛知県名古屋市天白区の塗装会社 プロタイムズ天白店 ㈱オーキッドカラー の中原です。

9月24日(日)に市民講座『塗り替えセミナー』を開催いたします。

 

知らなかったではすまされない失敗しない塗装とは?

 十年から十五年を経過してくると、家の傷みがあちらこちらと目立つようになります。

 そうなるとそろそろ家の塗替えを検討される方も多くなると思いますが、どのような業者に依頼すればよいのか迷うのが現状です。中には行きずりの業者に頼んで、高額な支払をさせられたり、五年くらいで雨水が外壁に染みるようになった方などもいらっしゃると聞いています。

 もし正しい知識を持ち、安心できる業者にお願いできればこのような失敗は未然に防ぐことができ辛い思いをする方々を少しでも救うことが出来るのではないかという思いを強くしました。 これまでたくさんの方に受講いただき、受講後は「聞いてよかった」と仰っていただけています。

 

 ご質問の時間も設けていますので、わからないことがありましたら、ご遠慮なくご質問ください。

 

参加は無料です。

 

 皆様のご来場をお待ちしております。

主催:一般社団法人市民講座運営委員会

協賛:プロタイムズ天白店(株式会社オーキッドカラー)

会場:天白涯学習センター 

   愛知県名古屋市天白区天白町島田字黒石4050番地

日時:9月24日(日)第2集会室

   9:45~11:45 ※受付 9:30

 

tizu

 

お問い合わせはこちらメール_m

1 / 4012345...102030...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織